合格に感動!

私が講師になった理由は自分が中学入試のときの合格の喜びを忘れられないからという理由でした。

そして、今日は鳥肌が立つようなうれしい報告をもらいました。私の生徒がある中学校の受験に合格したとのことです。

私自身正直、合格できるだろうかと心配し気になっていた生徒も多かったので、この知らせを聞くまで気が重かったところでした。

私は算数の担当でしたが、算数の中でもよく間違いやすいところや苦手意識を持っている内容というのは似通っていましたので、その部分は念入りにでも分かりやすく覚えやすく解き方を解説していきました。その場所が試験でも出たという話も聞いていましたので、合格という結果は自分のことのようにうれしく感動を覚えました。

中学受験塾は多くの生徒を集団で相手にして教えなければいけないので、大変なこともありましたが、その分合格という多くの子供達からの報告は自分が受験した時とは違う喜びがございました。

中学受験を共に乗り切った多くの生徒達と私の間に生まれた一体感を来年も感じることができるよう今後も講師を続けていきたいと強く感じました。